弊社エヴィクサーが参加、総務省「平成30年度 競技会場におけるICT利活用に関する調査研究」の「競技会場におけるICT利活用に関する実証実験」につき、報告書が公開(2019年6月17日)

この度、弊社エヴィクサーが株式会社リコー、みずほ情報総研株式会社と取り組んだ総務省「平成30年度 競技会場におけるICT利活用に関する調査研究」の「競技会場におけるICT利活用に関する実証実験」につき、報告書が公開されましたので、お知らせします。

本事業は、総務省が「平成30年度 競技会場におけるICT利活用に関する調査研究」の一環として公募したものです。2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される各競技会場においてICTを利活用することにより、障がいを持った方、外国人来訪者等にも配慮した災害情報の伝達や避難誘導を可能とする仕組みの実証・効果測定を実施し、得られた知見や課題をもとに全国への普及展開を目指しています。

実証実験では、スマートフォンやスマートデバイスなどのモバイル端末に事前に応援アプリをインストールし、場内に設置されたスピーカーやビーコン等から送出される音をモバイル端末のマイクが受信することで、平常時は競技の応援や場内ガイドに、災害発生などの非常時は多言語による避難経路等の情報を表示するなど、災害対応情報の提供を行う中で、武蔵野の森総合スポーツプラザ/味の素スタジアム(東京スタジアム運営)の非常用放送設備で全館をカバーする音響通信Another Trackの機能提供を実現(10kHz以下の可聴透かしによる)いたしました。

報告書は、館内放送、大型ビジョンおよび避難誘導員など競技会場の一般的な情報伝達手段の活用を前提としつつ、施設管理者において綿密な避難計画を策定し、訓練を実施することが非常に重要であるとしています。その上で、ICTを用いることによって、情報伝達に要する時間の短縮や、情報伝達可能な範囲を拡大することができ、さらに円滑な避難誘導の実現できるものと結論付けています。また、報告書は、施設管理者やイベント主催者への導入・普及拡大のために、災害時だけでなく平時にも活用可能であることが重要であると指摘しています。

エヴィクサーでは、今回の報告書を受け、社会的ニーズに応えるために、パートナー企業と協力の下、音響通信「Another Track(R)」の公共空間での提供機会拡大に努めてまいります。

なお、報告書等の詳細については下記をご覧ください。
→ 総務省 競技会場におけるICT利活用促進事業 (外部サイトへのリンク)
→ リコー社発表 「総務省「競技会場におけるICT利活用に関する実証」事業の報告書を公表 〜スマホアプリと音響通信による平常時や災害時の情報提供の有効性を検証〜」 (外部サイトへのリンク)

リコーの屋内位置情報サービスと音響通信技術「Another Track(R)」

Another Track(R)(アナザートラック)、Evixarロゴは、エヴィクサー株式会社の登録商標です。
Another Track(R)は、エヴィクサーが独自に開発した音響通信ソリューションで、取得済みおよび出願中の複数の特許によって構成されています。
Another Track(R)は、「2017年 世界発信コンペティション」製品・技術(ベンチャー技術)部門(主催:東京都)で東京都ベンチャー技術優秀賞、「MCPC award 2017」サービス&ソリューション部門(主催:モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)で特別賞、第29回「中小企業優秀新技術・新製品賞」ソフトウエア部門(主催:りそな中小企業振興財団/日刊工業新聞社)で優秀賞を受賞いたしました。

関連ソリューション
関連プレスリリース、掲載記事、お知らせ
  • リコー、みずほ情報総研、エヴィクサーで取り組む総務省実証実験の模様が、2018年11月7日のNHKおはよう日本『「音響通信」で避難誘導の実験』で取り上げられました。