「第4回ウェアラブル EXPO」に観光領域におけるインバウンド向け情報支援サービス提供のご案内


平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、弊社は、「第4回ウェアラブル EXPO」【開催:2018年1月17日(水)~19日(金)、東京ビッグサイト】に際し、株式会社エンハンラボが出展するメガネ型ウェアラブル端末「b.g.(ビージー)」のデモンストレーションとして、「b.g.(ビージー)」に多言語での情報表示サービス等を提供することになりましたので、ご案内申し上げます。
今回の展示では、北斎漫画の展示物の前に立つだけで、見えないページや外国人観光客向けに詳細な翻訳を「b.g.(ビージー)」に表示する等、ハンズフリーで日本の伝統的コンテンツを閲覧可能になる展示を行います。
本展示物は、凸版印刷株式会社により提供されており、 本通信技術は、エヴィクサー株式会社の音響通信ソリューション「Another Track(R)」を採用しております。

  • 出展者ブース: 株式会社エンハンラボ
  • ホール: 東京ビッグサイト 西ホール2階
  • 小間番号: W15-33

関連ソリューション
関連プレスリリース、掲載記事、お知らせ
  • リコー、みずほ情報総研、エヴィクサーで取り組む総務省実証実験の模様が、2018年11月7日のNHKおはよう日本『「音響通信」で避難誘導の実験』で取り上げられました。
  • 月刊ニューメディア(2018年8月号)『拡張するスポーツビジネス』(千葉ロッテ「ZOZOマリンスタジアム」音響透かし技術でインタラクティブな盛り上げを演出)
  • NHKニュース『おはよう日本』(活用広がる“聞こえない音”での情報通信)