エヴィクサー株式会社 - Evixar Inc. > ニュース > Evixar ACR、音響通信Another Track(R)等に関するニュース > エヴィクサー、特徴量マッチング技術に基づくメタデータ収集に関する特許を取得

報道関係者 各位
プレスリリース

2015年08月10日
エヴィクサー株式会社
プレスリリース文PDF

エヴィクサー、特徴量マッチング技術に基づくメタデータ収集に関する特許を取得

ACR(自動コンテンツ認識)技術の開発を手がけるエヴィクサー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀧川 淳、以下 エヴィクサー)は、映像・静止画・音声の特徴量マッチング技術(以下 FP技術)に基づくメタデータ収集方法に関する特許(特許第5780898号)を取得いたしましたので、ご案内申し上げます。

本特許では、YouTubeに代表されるような動画投稿・共有サイト等をクローラーが巡回し、動画データ等を収集すると同時に、FP技術によってその内容を分析し蓄積した場合、そのFP技術によってクラスタリングされた動画群から様々なメタデータを収集する方法に先進性を認められています。
たとえば、日本語以外の言語で記述されている場合であっても、FP技術をキーとして同様の動画データに付加されている付加情報群を網羅的に収集することが可能です。さらに、動画検索の有効なインターフェースを提供することもできます。

今後、エヴィクサーでは本特許の取得により、コア技術としてのACR技術の開発はもとより、周辺ソリューションの整備を行ってまいります。

本リリースに関するお問い合わせ先:
  • エヴィクサー株式会社 ビジネスソリューション事業部
    Tel:03-5542-5855 Fax:03-5542-5856
関連プレスリリース